お電話での石に関するお問い合わせ
お墓や建築資材のお問い合わせ
石への想い
石の建築物お墓
溶岩の石臼飛騨溶岩石の溶岩プレート
砂原石材では、お客様への「責任」をとても大切に考えています。「石」という商品を通じてお客様に与えられるもの…それは確かな品質でもあり、間違いのない対応というものなのかもしれません。

砂原石材が創業当初より追い求めているのは「石」の本当の価値の追求と、そしてそれをお客様にきちんと感じていただくということです。そのために日本全国はもちろん、国外の産地も飛び回って「石」の現場を見てきました。

そうやって培った「石」の知識や情報を、プロフェッショナルとしてお客様に提供する…これに勝る喜びはありません。「石」のことなら何でもお気軽にご相談いただければと思います。
「石」に対する想いはどこにも負けません!
お墓の相談会開催!
本社ショールーム
高山ショールーム
飛騨のいしやさ日記
「石材の加工」
2019.08.23
こんにちは。「台風が通り過ぎると涼しくなる」と聞いたことがありますが、お盆前と比べたら涼しさを感じるようになりました。お盆休みを経て、疲れが出てきたという方もお見えになるのではないでしょうか?

さて、「石材の加工」というと、みなさまはどんなことを思い浮かべますか?機械で切ったり、磨いたり、字を彫ったりというのが浮かぶのではないでしょうか?また、ご年配の方ですとノミではつる(削る)なども出てくると思います。

石材の加工石材の加工こちらの写真は自然石の記念碑の加工の様子ですが、今回は文字を彫った自然石の石碑の下に、同じように自然石を用いて台座を置きます。その際にただ乗せるのではなく、このように上の石碑の形状に合わせて下の石を彫りこみ、その部分に埋め込みます。

こうすることで、倒れたりしない強固な施工となります。そして、これに太い鉄筋やステンレス棒を加えることで、より強固なものとなります。

見た目ではわかりづらい加工を石材の場合はしてあることがありますので、機会があればぜひ観察してみてください。お城や文化財の中にも面白い加工や技術が隠されていますので、それを発見すると楽しいです。
砂原吉浩
日記バックナンバーはこちら
ふるさと納税
お墓の花筒の蓋「花づつまもり」
砂原石材の公式インスタグラム
石屋の更新履歴
2019.08.23
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2019.08.21
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2019.08.19
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2019.08.15
イベント情報「お墓の相談会&いしの市」を更新しました。
2019.08.09
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2019.08.07
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
今までの更新履歴はこちら